こんにちは、当サイト管理人のユージです。
このサイトでは、腰痛持ちの僕が高反発マットレスを実際に購入して、その効果をレポートしていきます。

高反発マットレスって割と高額な商品で、寝てみないと分からない上に自分に合わないもの買ったら金銭的リスクも大きいですよね?だからコンビニとかで新製品のジュース買うように直感で買うワケにはいきません。

そこで、「どれを買って良いのか分からない」とか、
「実際に購入した人の意見を参考にしたい」っていう人にとって、少しでも参考になればいいなと思ってサイトを立ち上げました。

僕は最終的にどれを買うのかを選ぶまでに、いくつもの点で比較して決めたんですけど、その比較ポイントとか購入の決め手とかが参考になるかもしれません。

まずは管理人のカラダの状態について、簡単に説明しておきますね。
お急ぎの方は、こちらからマットレスの比較ポイントが見れます。

腰痛、首こり肩こりに悩む40代オッサン

そんなワケで簡単に僕の自己紹介です。

愛知県に住む40代前半のオッサンで、仕事は営業職をずーっとやってきて、ここ数年はデスクワークも増えてきました。管理職ってヤツですね。
で、営業マン時代に重い物を運ぶ事が多かったせいか、その頃に腰痛を発症しました。

ただ、僕の腰痛は激痛になるのは時々で、普段はズーンと鈍痛で痛むというタイプの腰痛です。病院で診てもらうと予想通りヘルニアはあるらしいんですけど、激痛ではないので手術とかは今のところ考えてません。
手術は予定ないんですけど、鍼や整体は定期的に通ってメンテナンスして酷くならないように保っていると言ったほうが正しいかもしれません。

そして腰痛だけじゃなくPC仕事が多いので、肩こりや首こりも酷いです。
というより、僕の肩こりは中学生の頃から続いているので、もう30年以上のキャリアです。肩こりの大ベテランと言ってもいいでしょうw

若い頃は寝ればだいぶ回復してたんですけど、アラフォーになるに連れてドンドンと疲れが取れにくくなってきました。
加えて睡眠時間も昔ほど長くないので、毎日毎日疲れは溜まっていくばかり。
毎週のように鍼灸院や整体に通うのも金銭面で意外とバカにできない金額になっていて、なんとか自宅で身体を休めたいと思うようになりました。

そんな時に知ったのが「高反発マットレス」です。
低反発マットレスに比べて腰痛に向いているとか、体圧分散っていうキーワードが僕の現状に刺さりまくりましたね(笑)
そっからは僕の探究心がくすぐられて、色々なマットレスを比較するようになります。そう、まるで昔ドラクエにずっぽりとハマった時のように・・・。

それでは、おまちかね管理人による高反発マットレスの比較ポイントを紹介したいと思います。

管理人オリジナル!高反発マットレスを比較してみた!

今回、管理人が比較する高反発マットレスは次の通りです。
ちなみにサイズはシングルで比較しています。
予算が5万円以下(できれば安いに越したことはない)だと、ここら辺でしょうか。

  • トゥルースリーパーセロ
  • 雲のやすらぎプレミアム
  • モットン
  • マニフレックス メッシュウィング レオナルド

これらを色々な観点から比較して、どれにするかを決めていきます。

トゥルー
スリーパー
セロ
雲のやすらぎ
プレミアム
モットン マニフレックス
メッシュウィング
レオナルド
サイズ
(長さ✕幅:mm)
1950 ✕ 970 2000 ✕ 1000 1950 ✕ 970 1980 ✕ 970
厚さ(mm) 50 170 100 110
価格(税込) 24,624円 39,800円 39,800円 49,950円
折りたたみ
生産国 マットレス
本体は日本
日本 中国 イタリア
返金保証 60日間 100日間 90日間
製品は10年保証
購入前に
体験できるか?

直営店は少ない

スペック的にはこんな感じになります。
で、ポイントになるのが実際に体感できる商品があることです。もし自分に合わなければ、この時点で選定の絞り込みができるからですね。

トゥルースリーパーを実際に店舗で体験してみた!

ということで、実際に店舗に足を運んでみました。
幸いにも僕が住んでいる愛知県には、トゥルースリーパーの直営店とマニフレックスのショールームがあります。

この点はラッキーでしたね。
特にトゥルースリーパーは直営店がほとんどなく、お店で実際に見られるのはショッピングモール内の寝具コーナーの一角に軽く展示してあるだけ。
こういう店舗数は沢山あるものの、高反発タイプのセロは見掛けたことがありません。

ならば、直営店!ということで、ある日の仕事帰り。
まずはイオン内にあるトゥルースリーパー直営店に行ってみました。

さすがネットでも人気のトゥルースリーパーですね。
僕が訪れた日もたくさんのお客さんで溢れていて、その場で購入していく人が何組もいました。

店内に入るとベッドが幾つか置いてあり、その中のひとつが目当ての「セロ」でした。

早速、寝てみることに。
確かに、いま自宅のフローリングで使用しているマットレスよりも寝心地はいいですね。
ただ、個人的には何となくしっくり来ない・・・。なんとなく身体とマットレスの間にスキマが多い気がしました。

もしかすると僕は痩せ型なので、それが原因かもしれません。
というのも、セロが展示されているベッドにPOPが貼ってあったんですが、そこには「ガッチリ体型」に向いてるみたいな事が書いてあったんですよね。

ただ価格が一番安いのは魅力的で、現状のマットレスと比べたら遥かにいいので、ひとまず候補に残しておきます。

マニフレックスのショールームで実際に体験!

日を改めて、某日の午後。
訪問したのはマニフレックスのショールーム。

マニフレックスのショールームはキレイな路面店です。
駐車場にクルマを停めて店内へ向かおうとすると、綺麗な店員さんが扉を開けてくれます。

完全に余談ですけど、僕は営業マンなのでこういうトコロに必要以上に反応しちゃいます。営業マンの悲しい性ですw
他にも商品説明からカタログの提供、その他のお客さんへの接客を見ていても、丁寧で気持ちのいい接客でしたね。この点はブランドイメージにピッタリと合った社員教育がされてると感心しました。

さてさて、店内に入るとベッドやマットレスが所狭しと並べられています(←当たり前w)
定番のベッド用マットレスを横目に、店員さんに聞かれることに受け答えしながら目指すは一番奥にある「畳コーナー」です。

そう、このショールームでは、ベッド用のマットレスはベッドに。
直敷タイプのマットレスは畳コーナーに展示されていて、それぞれ最適な状態で体感できるようになってました。

そこで並んでいたマットレスは3種類。すべてメッシュウィング系ですが、クッション材の組み合わせが異なる3種類です。すべて寝転がって試した中で、一番寝心地が良かったのが「メッシュウィング・レオナルド」でした。
しかも、両面で異なる柔らかさが楽しめるハイブリッド仕様です。

片面は硬めのクッションを、もう片面は柔らかめのクッションみたいな感じ。
それでも、店員さんによると両方とも「高反発タイプ」なんだとか。

寝てみた感想としては、いいです。身体とマットレスのスキマも、トゥルースリーパーよりは少ない気がします。
「こうやってショールームを構えるだけの事はあるなー」と思わずにはいられないですね。
この時点で、僕の個人的な意見としてはトゥルースリーパーよりもマニフレックスに軍配が上がります。

ただ、マニフレックスの残念なところというか、イイところでもあると思うんですけど・・・種類が多くて選び切れないんですよね^^;
それと、これは僕の財力が足りないだけなんですけど、多くのマットレスで予算オーバーという悲しい現実。
この「限られた予算に収まる範囲で最適なものを見つける」っていうのが、意外と難しそうです。
まあ、高いだけあって「10年保証」とかのロング保証があるのは、安心ですね。

通販タイプのマットレスを比較してみる

こんな感じで住んでいる地域をふんだんに活用して、トゥルースリーパーとマニフレックスを見て、実感してきました。
エアウィーヴもいいかなと思ったんですけど、完全に予算オーバー。

マニフレックスでも高いタイプだと、とてもじゃないけど手が出ません。
そう、上を見ればキリがないんです。クルマだってそう、パソコンだってそう。

予算内で、しかも出来るだけ低予算で身体にしっくりくるマットレスを探すのが今回のコンセプト。
そこで、さっきの表にも書いたように「雲のやすらぎプレミアム」と「モットン」という通販タイプのマットレスも視野に入れています。トゥルースリーパーも含めて、こういう通販タイプのマットレスのメリットは、ズバリ「返金保証」がついている事ですね。

たぶん、ショールームとかでいくら寝転がってみても、実際に眠るわけじゃないので疲れが取れるのか?とか、実際に寝室に置いたらどうなのか?とかは判断できないんですよね。
ということは、通販タイプで購入して実際に使用してみて、それで満足できなかったら返金保証を使えばリスクが最小限になるんじゃないか?という仮説が立つことに。

トゥルースリーパーはもう試したので、今度は「雲のやすらぎ」か「モットン」のどちらかを買ってみるのを検討します。
もう一度、この2商品を比較してみましょう。

雲のやすらぎ
プレミアム
モットン
サイズ
(長さ✕幅:mm)
2000 ✕ 1000 1950 ✕ 970
厚さ(mm) 170 100
価格(税込) 39,800円 39,800円
折りたたみ
生産国 日本 中国
返金保証 100日間 90日間
購入前に
体験できるか?

こうして2つだけにして見比べてみると、「雲のやすらぎ」の方が魅力的に感じてきました。(赤字の項目)
なんと言っても値段は同じなのに、返金保証の日数と生産国が大きな違いでしょうか。
マットレスの厚みは個人の好みだと思いますが、「雲のやすらぎ」の17cmという分厚さが妙にソソる感じです(笑)
レビューのページでも書いてますが、今使っている床置きのマットレスが薄っぺらくて腰が痛いので・・・。

で、この時点で、「モットン」よりも「雲のやすらぎプレミアム」に気持ちは傾きつつあったんですが、いくら返金保証がついてるとは言え、決して安い買い物ではありません。購入画面でポチッとする最後のひと押しが欲しいところ。

購入の決め手になったのは楽天のレビュー

ここで、この検討期間中に初めて妻に相談します。

あのさぁ、高反発マットレスっていうのがあって、腰痛に良いらしいんだよねー。ほら、俺って首こりとか頭痛とかあるじゃん?それでさ・・・

買うんでしょ?

僕Q
へ?

そこにカタログ置いてあったから、買う気なのかなーって思ってたよ

お、おう・・・
(バレてるw)

いくらするの?

いやー、安かったら25,000円くらいで、高くても5万以内にしよかなーーって(汗)

買うのはいいけど、どうせ買うなら少しの金額差よりも寝心地を優先しなきゃダメだよ。長く使わなきゃいけないんだから

マジ!?買ってもいい?

いいよ!ちゃんと働いてもらわないといけないし( ̄ー ̄)ニヤリ
でも、ちゃんとネットでクチコミもチェックして選んでよ?

なんとなく( ̄ー ̄)ニヤリってのが、ちょっとだけ気になりますが、まあいいです。
とりあえずOKが出ました!

これで堂々と購入できるんですけど、なんていうか灯台下暗しだったのが「ネットでクチコミをチェック」っていうトコでしたね。
普段、ネットでなにか買う時はほぼ毎回、使い勝手のレビューとかを見て購入を決めてるんですけど、今回ははじめに実店舗に行ったのもあってネットのクチコミを見るのを完全に忘れてました。

妻に言われてようやく思い出し、さっそく楽天で「雲のやすらぎ」と「モットン」を比べてみました。
すると、モットンよりも雲のやすらぎプレミアムの方がレビュー件数が多いんです。
まあ、多ければいいってワケでもないのかもしれませんが、やっぱり安心できそうっていうのが正直なところ。
逆にレビューが少なかったら、実際に買った人の声が見えて来ないので、よく分からないんですよね。

雲のやすらぎを買うなら公式サイトが絶対にいい

ということで、今回は「雲のやすらぎプレミアム」を買うことにしたんですけど、ここで重要なコトに気が付きました!
それは、楽天の「雲のやすらぎ」公式ページには返金保証について書いてないんですね。

え!?返金保証終わっちゃったの?と思って、楽天じゃない公式のサイトをもう一回確認したら、公式サイトにはまだちゃんと「返金保証」の部分が残ってました。

いやあ、一瞬マジでビックリしました(汗)
どうやら、値段は一緒でも公式サイトと楽天ページでは微妙に異なるみたいですね。
その分、楽天ページの方だとポイントが多めに付くみたいですが、一応、返金保証がある方で買っておきたいので今回は公式サイトで購入することにしました。

というワケで、実店舗で二種類のマットレスを試したあと妻の許可をもらい、楽天のレビューを見ながら「雲のやすらぎプレミアム」をポチった僕。
果たして寝心地は満足できるのか?けっこうドキドキもんです。

長くなってしまったので、次のページで実際に雲のやすらぎが届いてから、使用するまでをレビューしたいと思います。

投稿日:2017年7月13日 更新日:

Copyright© 腰痛持ちの管理人が高反発マットレスを比較!買ったのはどれ? , 2017 AllRights Reserved.